和式婚礼新娘的的头饰制作(和婚のヘッドドレス)

格: 250.00

已 售 出: 0

价: 0.0分0.0(已有0人评价

送 积 分:单件送0分 (100积分=1元)

所 在 地:浙江 杭州

配送数量:  件(库存10件)

  • 商品详情
  • 评价详情(0
  • 成交记录(0
  • 售后服务
  • 商品问答(0
  • 编号: 140811375000


日本花艺原版书籍  和式婚礼新娘的的头饰制作

和婚のヘッドドレス
ISBN: 978-4-416-71386-0
著者名: 花結い師TAKAYA
発売日: 2013-12-16
書名(かな): ワコンノヘッドドレス
判型: [ 縦 : 265mm ] [ 横 : 188mm ]
副書名: 生花でつくる花嫁の髪飾り

ページ数: 144

价格:250元


亲,购买前请注意,本书为原版,没有中字翻译哦!


基本内容:


     日式婚礼的场景不仅仅只局限于神社,还可以是新娘穿着洁白的婚纱出现在西式小教堂中。和式婚礼原本只是指结合了和服和婚礼,不过现在已不仅仅只是和服了,图案从日式发型到西式发型的鲜花装饰已成为它的典型代表。本书用丰富的例子介绍了这种用鲜花当头饰的和式婚礼。


商品の内容

[要旨]

花嫁には、自分が世界でいちばん美しい、という自信を持ってもらいたい。私にとっての美の最高基準は、エレガンス。TAKAYAさんの作品には、完璧と言っていいほどのエレガントな美がにじみ出ている。


[目次]

第1章 WEDDING HEAD DRESS(STYLE BACK STYLE)
第2章 MAKING OF HEAD DRESS―ヘッドドレスの作り方(ヘッドドレスを作るための用具ヘッドドレスを作るための資材小物とのアレンジ基本の準備ヘッドドレスを考えるポイント着物と花の合わせ方ブーケとのコーディネート)
第3章 花結い師TAKAYA(私の手から生まれるすべての花が、「花結い」です。WORKS PROFILE花色見本)


[出版社商品紹介]

白無垢、色打掛等着物に合わせる生花の髪飾り“ヘッドドレス”。花結い師TAKAYAの独創的なヘッドドレスを1冊にまとめた。


おすすめコメント

神社など和の空間に限らず、チャペルのある結婚式場やゲストハウスなど洋のシーンでも、白無垢や色打掛、引き振袖など和装を採り入れる花嫁 が増えています。着物を採り入れたウェディングは「和婚」という名で定着していますが、ほとんどの花嫁が着物だけでなくドレスを着用することから、日本髪 ではなく洋髪に生花をあしらい、さらにブーケを採り入れるパターンが定番スタイルになりつつあります。そんな「和婚」用の生花の髪飾り“ヘッドドレス”の 事例を豊富に紹介し1冊にまとめたのが本書です。生花を用いた独創的な“ヘッドドレス”で話題を呼んでいる、花結い師TAKAYAの作例を美しい写真で紹 介、コンセプトやテクニック、過去の作品の数々についても詳しく解説します。


著者紹介

花結い師TAKAYA (ハナユイシタカヤ)

2004年より京都を拠点に、人と花を結ぶ「花結い師」としての活動を開始。生花で独創的なヘッドドレスを制作し話題を呼ぶ。人に花と衣をまとい華に開花 するパフォーマンス「花衣華(かいか)」を国内外で開催し、活動の場を広げる。2010年、YUMI KATSURA GRAND COLLECTION にて花結いを行い、以降もコレクションを担当。イギリス最大手新聞であるデイリー�9�9テレグラフ紙をはじめ、オランダの有名雑誌や新聞など、海外メディアか らも注目を集めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


大致译文:

商品内容
[要旨]
新娘,自己是世界上最美丽的自信,希望。对我来说的美的最高标准,高雅。TAKAYA先生的作品,可以说是完美的那样的优雅的美,流露出的。

[目录]
第1章WEDDING HEAD DRESS(STYLE BACK STYLE)
第2章MAKING OF HEAD DRESS―头礼服的做法(头部着装为了制作的用具头部着装为了制作的材料和小东西的安排基本的准备头部着装考点和服和花的合方花束的搭配)
第3章花扎师TAKAYA(我的手产生的所有的花,“花扎”。WORKS PROFILE花色样品)

[出版社产品介绍]
白无垢,颜色打掛等和服合鲜花的头发装饰“头部着装”。花扎师TAKAYA的独创性的头礼服1册归结了。


推荐评论

神社等和谐的空间,不仅仅是教堂的结婚会馆和宾馆等洋的场景,也打掛白和颜色,振袖和服引入拉等把新娘增加。和服,采用了婚礼是“和婚”名扎根了,几乎所有的新娘礼服和服不仅穿,而是从日本发西式发型鲜花为准,并且把花束引入模式正在成为经典风格。这种“和婚”用鲜花装饰头发“头礼服”的事例丰富介绍1册归结的书。鲜花用独创的“头部着装”引起的,花扎师TAKAYA的实例美丽的照片介绍介,概念和技巧,过去的作品的场面也将详细解说。

作者介绍
花扎师TAKAYA(ハナユイシタカヤ)
2004年,京都更为据点,连接人与花“花扎师」的活动开始。鲜花独创的头礼服制作热门话题。人花衣的圣者华开花表演“花衣華(吗?)”,在国内外举行,打开活动的场。2010年,YUMI KATSURA GRAND COLLECTION花扎在进行,以后收藏担当。英国最大报纸的每日电讯报9��9为首,荷兰有名的杂志和报纸等海外媒体或们也受到大家的关注。(本数据这个书籍发行了当时刊载着的东西)


内页展示:





与描述相符

0.0 0.0分

0次打分

0.0

  • 非常不满
  • 不满意
  • 一般
  • 满意
  • 非常满意

我要咨询